小さな村の物語:250回 セウーロ(サルデーニャ州)

地中海に浮かぶサルデーニャ島。人々が住み始めたのは約4000年前といわれる。セウーロは州都カリアリから北へ約93kmの山岳地帯に位置している。村の経済を支えているのは農業で、穀物、小麦、野菜、ブドウ、オリーブなどが植えられている。その他、山羊、羊、馬の飼育などが行われている。長寿割合が最も高い村のひとつとしても知られ、村では100歳を超えると記念として通りに写真が飾られる。(BS日テレHPより)

www.bs4.jp/italy/onair/250.html” target=”_blank”>2017年05月06日 初回放送

酪農と農業

お年寄りを大切にする慣習

パン職人ステーファノ(助手のトンマーゾ)
お菓子職人のパートナー、10歳年下の幼馴染エリーザ、かわいいx~

食卓にパンは欠かせない
工房(ラボラトーリオ)に買いに来る、おいていく1ユーロ(120円)

Ciao Patatine!!
Ciao Streghe!!
ピッキリートゥス

1週間分の洗濯物を母親のところに!世話を焼かせることも母親孝行。
生ハムが家に吊られてる。
毎日母親とランチ。
アーティチョークとセロリのサラダ。
母親の近くにいたかったから。
話さない。
仕事の次は、家族を作ることが夢。(結婚すること、ではない)

ランチ会。Pranzone?
狩りで鹿。

Wiki~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
セウーロ(ウにアッチェント)
コムーネ di サルデーニャ州南サルデーニャ県
人口848人
海抜1053m
この村の特徴は長寿の村。
ゾーナ・ブルーに2016年3月指定される。
「800人足らずの村人の20人が100歳超え」http://www.cagliaripad.it/news.php?page_id=27964

中部サルデーニャの他の街と同様、昔ながらのレシピが残る。
村独特の料理が長生きに関わっているのではないかと学者たちに言われている。
porceddu:豚のロースト
picchirittus:エリーザもつくっていたお菓子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~Wiki

サルデーニャで豚、といえば、私にとっては映画「羊たちの沈黙」の影響が強く、失礼ながら、野蛮で未開な人々、そして豚を多く食べる、という印象。
沖縄のように、豚を食べると長生きするのかな。
それと、神戸で習っていたイタリア語の先生がサルデーニャ出身(サルド、女性はサルダという)でだったのだけど、彼の影響か、堅い偏屈そうなイメージ。(ごめんなさい、先生)
イタリアに行って知ったのは、VIPが夏にバカンスを楽しむ所、ということ。
ゴシップ雑誌には、主にサッカー選手がシーズン終了後に、サルデーニャでヴァカンツァ、という記事が6月くらいから書かれてるのを見て、いいなぁもう夏休みなんだ~!と思ってた。
あと、名字に、…dduとか…ssuとか、多いのですぐわかる!

パッラーディオの肖像画はホンモノではない!?

元ネタ:http://www.elledecor.it/architettura/andrea-palladio-volto-mostra-palladio-museum-scandurra

後期ルネッサンスの建築家アンドレア・パッラーディオ(1508~1580)。
その業績は、有名なラ・ロトンダテアトロ・オリンピコにとどまらず、著書「建築四書」にて古典建築規範を研究・解釈し建築様式を定義し、後にイギリスや北米などでパッラーディオ建築(Architettura Palladiana)として広まります。

彼の活躍したヴィチェンツァの街は、「パッラーディオの街」としてユネスコの世界遺産にも登録され、シニョーリ広場の彼の代表作の1つバジリカ横には彼の像が立っています。

またパッラーディオ=下の人物像であることは、私達の常識といっても過言ではありません。

しかし、この500年もの間、世界中の人々が信じてきた彼の肖像画が、実はホンモノではない、ということがこのニュースにかかれています。

・・・パッラーディオの生存していた16世紀に描かれた肖像画は存在していません。
18世紀(1715~1720年)にイギリスにて、ロンドン在住だったイタリア人建築家ジャーコモ・レオーニ著「パッラーディオの建築四書」英語版出版の際、関係者によってパッラーディオの顔(Volto)が作り上げられました。またその数年後、1733年に次はイタリアにてテアトロ・オリンピコのガイド書が出版時に、また別の肖像画が使用されました・・・

・・・2017年4月、この未解決事件がホンモノと言われる2つの肖像画によって解決するに至りました。1つは、20世紀初頭にラ・ロトンダを買い取ったロシア人がそのロトンダで見つけたもの、もう1つは、アメリカの骨董市で売られていた画家ベルナルディーノ・インディアによるもの・・・

とはありますが、この記事は、現在ヴィチェンツァのパッラーディオ博物館で開かれている「アンドレア・パッラーディオ:顔のミステリー」展のプロバガンダで、このモストラには12のそれらしき肖像画が展示されており、あなたはどれがホンモノだと思いますか?というもの。

最後に展示会責任者が「何故パッラーディオは肖像画を残さなかったのか?」という疑問に対し、こう答えています。
・・・恐らく彼は典型的なヴェネト気質、引っ込み思案、だったのではないのかな。もしくは別の意図があったのではないだろうか。彼の本は、世界を変えるようなマニュアル本であり、実用的で美しいくそしてコストの掛からない建築としての解説本です。もしそこに彼の肖像画を入れてしまったら、「彼の本」になってしまう。入っていないからこそ、我々みんなに等しく実用的な本、となっているのではないでしょうか・・・

展示会「顔のミステリー」は2017/6/27まで