小さな村の物語:第253回 ウンブリアティコ / カラブリア州

イタリアの南、深い緑に覆われた辺境の村。
村外れの畑でワイン用の葡萄を育てている男は、父親から受け継いだ葡萄畑を30年間、ずっと大切に守ってきた。
一方、子供の頃から父や兄弟の食事や身の回りの世話をしてきて、結婚後も愛する家族のために、毎日家事に精を出す主婦。
夫は16歳年上の“年の差婚”。彼女の結婚観とは…?
日々の暮らしの中に、喜びを感じながら生きている村人たちの物語。

村外れの畑でワイン用の葡萄を育てている男性は、父親から葡萄畑を受け継いで30年、ずっと大切に守ってきた。24年前、大規模な洪水が起き、ほぼすべての葡萄の木が流されたことがあった。彼は、村を離れることも考えたが、妻にも後押しされ、4年かけて畑を復旧させた。もう一人の主人公は、3人の子供を持つ母親。愛する家族のために、家事に精を出す毎日だ。両親の言いつけでずっと家事を続けてきた人生だったが、そのことに後悔はしていない。自分の家族もでき、愛する夫や子供たちのために家を守ることできる、それが彼女の生きがいだ。

2017年06月10日 初回放送

Wiki によると、この街の特徴は断崖絶壁。
この地形のお陰で、頑丈な城・城壁をもたずに済んだ、カラブリア州でも数少ない街の1つ、とのこと。

GoogleMapsの3Dで見るとそのことがよくわかります。

街の歴史は古く、紀元前7世紀には人々が住み始め、第二次ポエニ戦争時にはハンニバルが城壁を築いたが、ローマ人によって壊される。しかしその遺構が残っている。

今日の主人公は、
ぶどう栽培農家のドメニコと主婦のカルメラ。

別々の家庭の物語です。

ドメニコは20年ほど前に先妻を病気でなくす。
後妻のフランチェスキーナは、先妻ローザ、ドメニコのローザへの思いをリスペクトし、思い出のバラの花(ローザ)の世話もする、寡黙そうで献身的な人。


近年ワインを製造するようにんり、昨年は1万本を出荷。これはすごい。
IGT(Indicazione Geografica Tipica)も取ってます。

息子フランチェスコは、今は保険業をしているけれども、農業を継ぐそうです。
「手が汚くても、悪いことをして汚いわけではないのだから、恥ずかしくはない。子どもたちにも、父親の職業を誇りを持ってもらえると思う。」


カルメラは、4人の兄をもつ末っ子。
だけど、父親と共に住み、16歳離れた夫とともに3人の子供を育てた。
家事はこなすが、せわしなく大雑把、というナレーションに微笑む。
パン作りを2週間に1度、娘の彼氏の母親と共同作業している。

今日のCanzone: Bene per sempre / Michele Bravi